ヘアメイクアーティスト風俗所沢

  • 投稿者 : 金魚はもう死んだ 
  • 2014年6月6日 2:09 AM

「そんな呼びかたをするな、デズ!いやだって前にイッただろう!」「おれは呼びたいように呼ぶんだよ、馬鹿野郎!」「ふざけるな、デズー。黙れよ!」「てめえこそ黙れよ、この汚いくそ野郎!」わたしは正面のドアに忍び寄って、開け、中庭をのぞいた。所沢 風俗じゃびっくりしたことに、ほかの住人はひとりも見えない。わたしの隣のラブホで何が起きているのか、ほかの人には聞こえていないなんてことがあるのだろうか?「黙れ、じじい!寝ちまえ!」「いやらしいくそ野郎!」「お寝んねの時間だよ、デズ!」「てめえは頭がいいつもりでいるんだろう!」「そのくだらん口を閉じて、ベッドに行け!」「さわるんじゃない、このくそ野郎!おれにさわったら、ぶつ殺すぞ、くそったれ!」ふいに大きな音がした。誰かが汚れた洗濯物のつまったズック袋を反対側の居間の壁に投げつけたような音だった。さぁ所沢ばっかりそれからまた。さらにもう一度。わたしは急いでドアを引き開けて、向かいのラブホに行った。電話を借りて警察に知らせるつもりだった。ドアをノックしながら心臓が胸から飛び出しそうに打っていた。何秒かして、差し錠のはずれる音がして顔見知りの英文科の教員助手が顔を出した。「お食事中にすみませんが、電話をお借りしたいのですIIL助手の目がわたしの肩越しに開いたままになっているラブホのドアを見た。「きみ、E?」「ええ。きょうの午後越してきたばかりです。ねえ、わたし、警察に電話してIIL「電話は使っていいよ。でも、先に言っておくけど、警察は来ないよ。



この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。